会社の営業活動をSAFで効率化することで利益を伸ばしましょう

3人の女性

利用しやすい電子記録債権

電話する女性

最近では電子記録債権を利用する中小企業が急激に増えています。電子記録債権とは事業者が資金調達を行なう際に用いられる新しい金銭債権で、国から許可されている期間はコンピューター上で債権者と債務者の情報を保管する仕組みとなっており、デメリットの無くなった金銭債権となっています。
電子記録債権を利用するメリットとして、債権をデータで管理することができ、データのやり取りで債権の発生と譲渡を行なえることが挙げられます。データ上で管理できるため、債権の有無を目で確認することが可能となっています。また債権の一部を譲渡することも可能となっていて、手形と比べても便利になっています。手形を紛失してしまうと、手形としての効果を失います。そのため、お金を回収することができなくなってしまうことがあります。また、手形が盗難されてしまい第三者に渡ってしまうと、もともとの持ち主は手形の権利を失ってしまうのです。さらに、手形を手にした第三者が支払を求めれば振出人はお金を支払わなくてはいけなくなるため、信用を失わないためにもしっかりと管理しなくてはいけませんでした。電子記録債権は手形に比べ、管理が容易であるため紛失の心配がありません。手形にかかる印紙税も発生しないため金銭的な負担が軽減されます。
電子記録債権を利用することで、第三者からのリスクを減らし、安全に資金を調達できるため、手形を利用している方は今後、電子記録債権を利用すると良いのかもしれません。